【app(アプリ)】バンダイ「たまごっち」のアプリやってみた

この記事の所要時間: 154

懐かしのたまごっちも簡単にできます。そう。iPhoneならね。


たまごっち初代






 

1996年にバンダイ発売されたキーチェーンゲーム。
一大ムーブメントを巻き起こした「たまごっち」のiPhone版を発見したのでダウンロードしてみた。
当時、2000円ほどの商品だったが、品切れ状態が続き、私が手に入れたのは結局数年後。しかも、香港版たまごっちだった。手元に届いた頃には、たまごっち熱も正直冷めており、結構、「手間」がかかりすぐに飽きてしまったことを覚えています。

それではプレイしてみました。


 

たまごっちやってみた!


 

はい、それではたまごっちやってみましょう。

tamagotti1

こちらが起動、直後の画面です。これをみて「いやーあの丸っこい端末がよかったんだよな〜仕方ないよな〜」とおもいました。w

tamagotti2

さくさくと説明を読み飛ばし起動すると、たまごっちが現れました。

「あがる〜!テンションあがる〜!」こんな画面でしたよね。これテンションあがります。ですぐに卵がわれ黒い粒が生まれてきました。

tamagotti3
tamagotti5

はい、ちゃんと「あの画面」は踏襲されていますよ!寝たら電気を消してあげたりしないといけないです。

tamagotti4

スマホ版ならではの使いやすい画面が追加されていていいです。たまごっちって、三つのボタンを順番に押して「ごはん」「遊び」「トイレ」など選んでいかないといけないのですが、スマホ版場面はアイコンをタップするといきなりアクセスできます。
ユーザビリティがアップしていてやりやすいです。

通知の「オン・オフ」はできますが、たまごっちが寂しくなったら、通知がきます。(※結構頻度高めです。w)
まだ開始二日目ですが、どんなたまごっちに育つか楽しみです!

80年代生まれの方はダウンロードしてみてはいかがでしょうか?




※こちらは初代発売の翌年に発売された「ゲームで発見!たまごっちの動画」
https://www.youtube.com/watch?v=bMBkqaQFjoo

  • このエントリーをはてなブックマークに追加