大切なmacを盗難、紛失から救う Macを探すの設定方法と使い方。

この記事の所要時間: 28



本日は万が一の盗難、紛失に備えるMacを探すの機能を紹介します。

もしまだ設定していないなんて人はこの記事を見て、確実に設定しておく事をお勧めします!

私はMacBookを使っていますが、よくカフェなどに持ち出します。

大概一人で作業をしているので、トイレや、コンビニに行くために席をはずす際に少し不安がよぎります。

「さすがにiPhoneみたいに盗まれたりしないよな〜」

「いや。どんな悪人がいるかわからないな。」

「かと行ってMacBookを持って行くわけにもいかないしな〜」

「よし。置いていこう」

このように脳内でもう一人の自分と会話が行われ、結局Macを置いて行きます。w

万が一盗難されたり、紛失した際にMacを探す方法を今回はご紹介します。

「Macを探す」の設定方法!

それではMacを探すの機能の設定方法をご紹介します。

まずは右上のりんごマークをクリックします。

1

次に「システム環境設定」をクリックします。

2

そして矢印の「icloud」をクリックします。

findmac1

iCloudのアカウント画面が立ち上がりますので項目の中から「Macを探す」をクリックします。

mae

アカウントのパスワードの入力を求められるので入力します。

findmac3

これでMacの設定が終了しました。

先ほどの画面で「Macを探す」の項目にチェックが入っていればOKです。

enter

それでは実際にMacを探します。

それでは実際にMacがどこにあるかを確認します!

まずは他のパソコンから「icloud.com」にアクセスします。

ページのリンクはこちら

iCloud公式ページ

そしてAppleIDとパスワードを入力します。

iCloud1

ログインすると以下のような画面が表示されますので「iPhoneを探す」をクリックします。

iCloud2

クリックするとさらにパスワードの入力を求められるので入力します。

iCloud4

画面が遷移しますので、画面中央上部の「すべてのデバイス」をクリックします。

設定が無事完了していれば、登録デバイスの一覧にMacBookが表示されます。

そしてページ下部の緑の丸が現在MacBookのある場所です。※ちなみにこれはカフェの場所なので知らべても私の中ではありませんよw

iCloud5

まとめ

はい。以上でMacw探すの設定と使い方のご紹介でした。無いに越した事はありませんが、万が一に備えてiPhoneとセットで設定しておく事をお勧めします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加