iPhoneでもMVNOを使って格安運用!格安SIM導入のデメリット

この記事の所要時間: 50

yuka160113344195_tp_v

前回の記事では格安SIM導入のメリット?得する人、しない人について解説をいたしました。

→前回の記事は「【格安SIM導入のメリット】iPhoneでもMVNOを使って格安運用!

今回は格安SIM導入のデメリットについて解説をしていきたいと思います。

“"

格安SIMを導入するデメリット

imaric20160805310323_tp_v

格安SIMを導入するデメリットも実は幾つかあります。

とはいえ、なんでもかんでもリスク、リスクと言っていると何もできないので目立つ部分だけご紹介したいと思います。

  • 電話をかけすぎると値段が跳ね上がる
  • キャリアメールが使えない
  • クレジットカードがないと契約できない
  • 倒産の可能性がある

大きく分けるとこの4つでしょうか。

電話をかけすぎると値段が跳ね上がる

通常大手キャリアとiPhoneを契約するときには通話定額、データ定額プランに加入させられます。

しかし格安SIMは定額サービスがないので、特に電話代に関しては使った分だけ支払いをしなければいけません。

格安SIMの通話代は各社30秒20円ほどの場合が多く、10分電話をすると400円通話量がかかる計算になります。

しかし、下のグラフを見てください。

usetime

このグラフはMMD研究所というスマートフォンなどのデータを研究している企業が発表している、1ヶ月あたりの通話時間の平均を取ったグラフです。このグラフにはLINEやIP電話などは含まれておらず、純粋にキャリアの通話量を調べた結果となっています。

電話使用量10分以下の人の割合が56%にものぼり、半数の方は400円程度しか通話料がかからない計算となっています。

余談ですが、大手キャリアで提供されている通話定額サービスは2000円ほどかかりますので、全体の約15%程度の人しか得をしていない計算になります。

LINE電話や楽天電話など無料通話サービスを活用されている方も多いと思いますので、ほとんどの方は乗り換えた方が得だとも言えます。

キャリアメールが使えない

キャリアメールというのは「〇〇〇〇@docomo.ne.jp」「〇〇〇〇@i.softbank.jp」のようなものです。

厳密には格安SIM事業者にもキャリアメールと同等なものはありますが、既にキャリアメールに依存している場合はそのメールアドレスを捨てる事になります。

現代ではGmailなどの高機能フリーメールもありますので実生活においては全く支障はありませんが切り替える手間はどうしても発生してしまいます。

クレジットカードがないと契約できない

格安SIM事業者は基本的に引き落としや、振込などに対応しておらずクレジットカード決済のみ取り扱っているところが多いです。

日本一人あたりのクレジットカード発行数がアメリカをも超えるクレジットカード大国でおそらくクレジットカードを持っていない人はいないのではないでしょうか。

とはいえ、クレジットカードを使いたくない、持っていない人は格安SIMに乗り換え自体ができない事もあります。

倒産の可能性がある

最後は格安SIM業者は倒産の可能性があるというデメリットがあります。

大手キャリアの場合、民間企業ではありながら国の許可を取っている公共事業者であるため万が一経営が傾いたとしてもなんらかの支援が行われるはずです。

しかし、格安SIM業者の場合、経営不振などによって倒産してしまうリスクはあります。

とはいえ、格安SIMに参入している業者はもともとインターネットプロバイダをしていた事業者などが多く、主要格安SIM業者と契約をしておけば、その確率はぐっと低くなると思います。

ただ、100%倒産の可能性がないかと言われれば、未来はわかりませんのでリスクである事には違いないかもしれません。

デメリットもあるがそこまで気にする必要はない?

imari20160806043107_tp_v-1

幾つかデメリットを紹介しましたが、実際に利用している私からすると、そこまで気にするような内容ではありません。

確かに、クレジットカードを使うのにどうしても抵抗があるという方や、持っていないという方に取っては重大なデメリットかもしれませんが、そのほかについては正直デメリットと呼べるかすら怪しい内容です。

通話料に関しても、月額5000円以上安くなるのであればLINE、IP電話アプリを使うことなんて苦にはなっていませんし、キャリアメールなんて、一度手放してみると実に不便なものです。

私は5,6年以上前からGmailに統一しています。そして、倒産するという話もリスクとして0%ではありませんが、その時は、ほかの事業者に乗り換えるか、大手キャリアにでもナンバーポータビリティすればいいだけの話です。

つまり、格安SIMに変えること自体に大きなデメリットはないと言っても過言ではありません。

まとめ

今回は格安SIMにのりかえるデメリットについてご紹介しました。

私自身は、電話かける時に少し気を使う以外は不便に感じることは今のところ(1年半ほど使ってますが)ありません。

次回は具体的に格安SIMに乗り換える流れについてご紹介をします。



“"

  • このエントリーをはてなブックマークに追加