iPhoneでもMVNOを使って格安運用!格安SIM導入の具体的な流れ

この記事の所要時間: 828

6c5e92fc14672d907f473aa2041745ba_s

前回までの記事ではiPhoneで格安SIMを利用する際の、概要とメリット・デメリットについてご紹介いたしました。 今回の記事では、mineoに申し込み流れを例に手順についてご紹介したいと思います。

中段あたりの注意事項は結構重要なので、これから申し込み検討している方はぜひご覧下さい。

事前に確認すること

142944d3722465be7f9b3c4913cf9a91_s

まずiPhoneを使ってMVNOする際には事前に準備をしなければいけないものが幾つかあります。

基本的にドコモ、ソフトバンク、AUなどの大手キャリアと契約をしてiPhoneを手に入れる方がほとんどだと思いますので、ここでの確認作業は重要になります。

実は、お手持ちのiPhoneを利用してMVNOを利用するためには条件を満たさなければ使うことができません。

その条件は以下の通りです。

  • ドコモで契約したiPhone
  • AUのiPhoneでiPhone5s以上かつIOS7以下

この2つの条件に適応していなければ、残念ながら手持ちの端末を使って格安SIM運用をすることはできません、

理由は少し複雑なので、機械に詳しい、または興味のある人以外は理由については読み飛ばしてください。

なぜ使えるiPhone使えないiPhoneがあるの?

987eca87017b5f2fa265f89558d4724a_s

前回の記事でも少し触れましたが、日本の大手キャリアはそれぞれ別の周波数の回線を使っています。

また、各キャリアから発売されているスマホには実はSIMロックというものがかけられており、他社の周波数にアクセスできないような仕組みとなっています。

つまり、同じiPhoneでもキャリアが違うと電波に対しての互換性がなくなってしまうのです。

また、AU版iPhoneに関して言うと、AUが使っている回線は世界的に見ても少し特殊な周波数となっています。

そのため、MVNO各社と端末自体が完全に適合させることができておらず、プロファイル(適合させるためのプログラムのようなもの)がIOS8までしか作られていないのです。

インターネットなどで調べていただくと、IOS8以上のiPhoneでも利用できたという話はありますが、格安SIM事業者自体は推奨していないため人柱になる覚悟があるライフラインとしてではなく、趣味として契約を考えているという方以外はチャレンジしない方が良いでしょう。



インターネットサイトから申し込む

a7d946acd84e8c3db4d08c4ff3240ed2_s

それでは、mineo(マイネオ)で実際に申し込みを行う具体的な手順についてご紹介いたします。

まず準備するものとしては

  • 支払いに使うクレジットカード
  • 使用予定のiPhone
  • 身分証明書雨

上記の3つです。

これらの準備ができた場合マイネオのサイトにアクセスします。

《公式》マイネオ

1まずはこのような画面が表示されるので中央下あたりにあるwebで簡単申し込みをクリックします。

2

エントリーコードの入力を求められます。

エントリーコードとは、後ほど出てくる初期費用3240円が無料になるコードです。

Amazonなどでは1000円程度で売られていますので、2000円得したい人は購入してください。

3 4

ここから、具体的な申し込みに入っていきます。

今お使いのiPhoneがドコモの方はドコモプラン、AUの方はAUプランを選ぶ。

続いて、タイプを選びますが

  • シングルプラン→データ通信のみで通話ができないタイプ
  • デュアルプラン→データ通信、通話のどちらもできるタイプ

です。

ここは希望に合わせて選びましょう。

端末購入欄は手持ちのiPhoneを使う場合は右側の「SIMカードのみ」を選びましょう。

端末も同時に購入することができますが、ぶっちゃけAmazonとかでSIMフリー端末を購入する方が色々選べて安いのでオススメはしません。w

ここまできたら次に進みます。

5

ここで使用するSIMカードのサイズを選びます。

iPhone5以降はnanoSIMと呼ばれる現状一番小さいサイズになりますので、それを選択します。6

続いて、現在持っているケータイ電話の番号を引き継ぐかどうかを問われます。

デュアルプランに申し込む方はおそらく引きつづと思いますので、MNPするを選択します。


7

続いて、MNP(ナンバーポータビリティ)の情報を入力します。
8

ここまでくるとオプションプラン申し込みの手続きに入りますが、正直どれも必要ありません。

私は特に申し込んでいません。

9

あと少しです。

ここで、表示に沿って契約情報を入力していきます。

全ての入力が完了すると次へ進みます。

10最後の確認です。

ここで契約にかかる手数料と月額料金が表示されますので内容を確認します。

問題なければ下にスクロールします。

11

スクロールすると支払いに使うクレジットカードを入力する欄があります。

手持ちのカードを入力して次に進みます。

以降については残念ながら画像はありませんが、免許証や保険証などの画像をアップロードして本人確認を行います。

それが終了すると、契約内容を確認して申し込み完了です。

注意点

201a7789ef1aa6132ddcf384d6bb68f4_s

申し込みに当たっては幾つか注意点があります。

  1. 支払いにはデビットカードは使えない。
  2. 本人確認書類免許証、保険証などの画像をアップロードする必要がある。
  3. MNPの場合強制的に切り替えされる場合はある。

上記の3点です。

1、2に関しては基本的に準備していただくだけですので、特に解説はありませんが、3に関しては下手すると違約金をとられることになりますので追加で解説いたします。

強制的にMNP切り替えをされるので、転出のタイミングはしっかり把握しよう

MNP(ナンバーポータビリティ)とはご存知の通り、電話番号そのままで携帯キャリアを切り替えることです。

また、これもご存知だと思いますが、大手キャリアの契約には2年縛りがあり、2年未満で解約をすると13000円ほどの違約金がかかってしまいます。

マイネオに限らず、携帯会社間をナンバーポータビリティする場合、早めに切り替えを行わないと強制的に切り替えが行われ違約金を払う羽目になってしまいます!

図を使って簡単に説明をすると

12

結構わかり難いのですが、つまりは

更新月の前から申し込みを行うとマイネオ側の操作によって違約金が発生する可能性があるので、更新付きを迎えてから申し込みを行おう!ということです。

ちなみに、私はこの罠にはまって、更新付きの1日前に強制切り替え。違約金を払いました。。。。。

くそー!

実はサービスショップも少しながらある!

9d635369b5c4c4e71561e05cf4f2d7cb_s

以前の記事で格安SIM業社が安い理由として、サービスショップを設置していないみたいなことを書きましたが、マイネオの場合主要都市を中心に幾つかのサービスショップがあります。

厳密に言うと、直営のショップと代理店が行うサポートショップに分かれています。

直営店では新規の契約、MNP、SIMカードの切り替え(サイズ、プランなど)全ての業務が行えますが、主要都市に1つ程度の規模しかありません。

代理店のサポートショップの場合、もちろん知識は豊富にありますが、システム上契約などの手続きが行えない場合もありますので、事前にサイトでお近くのショップを検索しておいた方が良いと思います。

《公式》マイネオ
13

まとめ

今回はマイネオを例に申し込みの流れと注意点についてご紹介いたしました。

手続き自体は簡単なのですが、更新のタイミングを間違えると違約金を支払う羽目になってしまいますのでその点は注意をしましょう。

また、マイネオには

《公式》マイネオ

14

リアルタイムチャットのサポートがありますので、不明点などがあれば聞くことが出来ます。

このサービスも活用しながら申し込みを進めることをオススメいたします。

最近リアルタイムチャットの取り入れている企業が多いですが、マイネオのチャットは使い勝手が良いと思います。

ぜひチェックして見てください。



“"

  • このエントリーをはてなブックマークに追加