【初心者向け】Macを中古で買う時知っておきたいことまとめ第一回

この記事の所要時間: 838

アイコン

どうもテンでございます。

本日はMacを中古で買う時に注意したいことのお話でございます。

『Macを使ってみたいけど高いな‥』、『突然Macが壊れたけどお金がない』という悩みを持っている方も少なくないと思います。

Macという括りで見るとWindowsのパソコンと比較すると機種自体が少ないので、選びやすいという点はあると思います。

とはいえ、あまりMacについて知らないという人だと、何がなんだかわからないと思います。

こんな『Macを中古で買いたいけど、なんだかよくわかりません』という方のためにMacを中古で買う時に注意したい●点について本日から解説したいと思います。

Macを中古で買う時にまず知っておきたい機種のこと。

まずはMacを中古で買う時に候補になる機種について簡単におさらいしましょう。

なるべく基本的な情報を大まかに説明していきたいと思いますのでMac上級者の方にとっては物足りないかもしれませんが悪しからず。m(_ _)m

MacBook Pro

まずはノートタイプの上位機種MacBook Proから。

overview_hero

《MacBook Pro 13 Retina》

macbook-pro-13-select-hero-201505

まずはこちらMacBook Pro 13inch Retinaディスプレイモデル。

Macbookシリーズの上位機種であるMacBook Proの13inchモデル。

MacBook Airにも13inchモデルがありますが、現行モデルは(2016年1月)はRetinaディスプレイではありません。

CPUなどの違いはありますが、基本的にMacBook Proを選ぶ最大の理由は『Retinaディスプレイで画面が綺麗だということ』だと思います。

画面の綺麗さにどうしてもこだわりたいという方はこのモデルを選択するのがいいですね。

《MacBook Pro 15 Retina》

macbook-pro-15-select-hero-201505

続いてこちらはMacBook Proの15inchモデル。

基本的にはMacBook Pro 13inch Retinaモデルの大きいやつという感じですが、こちらの15inchはCPUに大きな違いがあります。

現行モデルのMacBookシリーズはCPUがデュアルコア(2コア)。唯一こちらのモデルのみ『クアッドコア(4コア)』を採用しており頭がいいです。

そして、メモリもMacBook Pro 13inchの場合、基本は8GB、オプションで16GBに変更という形で選べるようになっているのですが、こちらの15inchは初めから16GBが搭載されています。

その他も上位機種の中でも最もスペックの良いMacですので、最悪これを持っていれば、動画編集や、画像編集など、まず問題はないと思います。

《MacBook Pro 13》

macbookpro-13-select-2015

MacBook Proシリーズ最後はこちら。

MacBook Pro 13 です。

こちらは少し特殊なモデルとなっております。どこが特殊かというと、『全体的に古い仕様』になっているということです。

現在販売されているモデルのうち、『購入後メモリ増設や、HDD交換が』できる唯一のモデルであり、Macbookシリーズのうち、光学ドライブ(CD、DVDの読み取り装置)が搭載されている唯一のモデルです。

上記のようなことから、こちらのモデルはとりあえず買って後からカスタマイズができるモデルと言えます。

音楽や動画をCD、DVDに焼く必要がある人や、仕事などでCD、DVDなどの読み込みをよく行う方、そして、買う時は安く、後でカスタマイズしていきたいという方にオススメのモデルです。

MacBook Air

overview_hero_hero

続いては、おそらくMacのノートタイプの中で最も持っている人が多いモデルの『MacBook Air』です。

《MacBook Air 11》

macbook-air-11-select-hero-201505

こちらはMacBook Air 11inchモデル。なんといっても、薄いボディと1.08kgしかない超軽量コンパクトボディで9時間稼働のバッテリーを搭載した、最強モバイルPCです。

ただ軽くてバッテリーが持つというわけではなく、フラッシュストレージのおかげで起動や動作も速い速い。

外出先で仕様するために必要な機能はすべて詰め込んでいるといっても過言ではありません。

しかし、軽量コンパクトのボディ(11inch)が時には武器になりますが、画面が小さいことで動画の編集や細かい画像の処理なんかは少しやりづらいかもしれません。

自宅や職場にデスクトップモデルがあり、外出用に仕様するといった方や、、とりあえず自宅でサクッと使えるノートPCが欲しいという方にオススメのモデル。

11inchというサイズに問題がないという方にはかなりオススメですね。

《MacBook Air 13inch》

macbook-air-13-select-hero-201505

続いてはMacBook Airの13inchモデル。

個人的には一番バランスのとれたマシンではないかと思っています。

見かけのスペックはMacBook Proと比較するとやはり劣りますが、通常のパソコン使用(ブラウジング、メール、簡単な動画編集、画像編集)などでは全く問題なく使用できる程度のスペック。こちらをメインマシンにしている方も少なくないと思います。※私の知り合いのwebデザイナーはこれをメインマシンで何年もやっていますw

バッテリーの持ちも13時間と長く、重さも1.35kgと軽いですので外出先での使用も便利、そして安全なモデルとなっています。

ただこちらのモデルはMacBook Pro13インチと少しかぶってしまいますが、やはり一番の違いはRetinaディスプレイかどうかという点。持ち運びのしやすさを優先し、画面の綺麗さにそこまでこだわりがないという方にピッタリのモデルです。

Macbook

スクリーンショット 2016-01-13 午後1.56.21

Macbookシリーズ最後はこちら2015年3月に発売された『新型Macbook』、話題になったので知っている方の方が多いと思いますが、なんとも潔すぎる超ミニマルマシンです。

現状Mac、パソコンの周辺機器としては『USB』を使用する機器が多いです。Bluetoothなどの無線対応機器も多くはなってきていますが、まだまだ無線だけでまかなえるほどではありませんね。

こちらのモデル、本体には一個だけしか端子(差し込み)がありません。

しかも規格が『USB-C』と呼ばれるもので通常のUSBがさせるところがありません。

この辺りは未来を先取りした感はすごくしますね。

スペックは正直ネットでは色々言われていますが、文字の入力がメインという方や、簡単にパソコンを使いたいという程度のことしか出来ないようです。

こちらのモデルは中古でもまだまだ価格が高いモデルですので、Mac上級者の方にはオススメできますが、初心者という方はやめといた方が無難かもしれませんね。

Mac mini

スクリーンショット 2016-01-13 午後2.09.21

それではデスクトップタイプも見ていきましょう。

Macの中で最も手軽に買えるモデルとして有名な『Mac mini』。なかなかMacの中でも知名度の低いモデルとなっています。

こちらのモデルはモニターもキーボードも、マウスもついていません。

購入すると小さなアルミの箱が届きます。

そしてモニターと接続し、キーボード、マウスと接続するとMacが使えるようになります。

Mac miniの一番の特徴は『安い』ということでございます。

正確には、モニターも、キーボードも、マウスもついていないから安い。

逆に言えば、ウィンドウズのデスクトップを使っている方であれば、Mac miniを購入すると本体の接続をWindowsからMacに変更するだけでMacが使えるということです。

販売価格も6万円程度で購入でき、カスタマイズに幅もかなり広く、デスクトップでMac環境をお考えの方にオススメのモデルとなっています。

iMac

スクリーンショット 2016-01-13 午後2.22.27

《iMac 21inch》

imac-215-selection-hero-201510

続いてはこちら、iMacです。MacのディスプレイにMacOSを搭載したMacの代表的なモデル。

MacOSの力を最大限発揮できるMacモニターそしてアルミ筐体で私はこのモデルがMacの中で最も美しいモデルだと思っています。

スペックを見ると、価格帯に合わせて豊富に選べるラインナップとカスタム次第ではかなり高いスペックにできるという点も魅力の一つです。

こちらの21inchは通常使用にとても良いサイズで、21inchモデルと27inchモデルがラインナップされていますが27inchはかなり大きいです。通常のデスクのサイズですと21 inch程度がちょうど良いサイズと言えるでしょう。

また、精細な作業などが必要な場合は27inchでを選ぶとよいでしょう。

またiMacは今話題の4K、5Kの規格にも対応しており、とても美しい映像で作業することが可能です。

Mac Pro

スクリーンショット 2016-01-13 午後2.47.40

そして最後はこちら『Mac Pro』です。

Macシリーズの中で至高のモデルと言えるMac Proはスペック、価格共にMacの中で最も高くなっています。

一番スペックの低いモデルでも約35万円、マックススペックで110万円を超えるハイスペックMacとなっており、MacBook Proなどはクアッドコア(4コア)モデルが最上位カスタムですが、なんとMac Proは驚きの『12コア』まで搭載することができるのです。

またメモリも、他のモデルが16GBが最上位カスタムの中、64GBまで搭載することが可能です。

桁違いのスペックを持ったMacの最上位機種にふさわしいモデルとなっています。

おそらくこちらの記事を読んでいる方(私も含め)の中でこのスペックを使いこなせる方は多くないと思います。

おそらくここまでのスペックを必要とする方は中古で探さないと思います。w

Macを中古で買う時にまず知っておきたい機種のことまとめ

一旦現状販売されている機種を中心に解説をしてみました。

中古での購入となるとMacbook、Mac Proを除くMacBook Pro、MacBook Air、Mac mini、iMacとなってきます。

後は用途と、好みで決めていくことになると思います。次回の記事では機種の選び方についてまとめていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加