知っておきたい!Macでiphone/iPadのキャプチャ動画を撮る方法

この記事の所要時間: 28

今回の記事は正直あまり使う機会はないけど、知っておきたい小ネタのご紹介します。

例えば機会音痴の母親にiPhoneの使い方を教える時や、お気に入りのスマホゲームをyoutubeにアップロードしたい。そんな時に活躍する小ネタです!

それでは行ってみましょう!

Macを使ってiPhone/iPadのキャプチャ動画を撮る方法

そもそもキャプチャ動画とは、iPhoneやiPad上の操作を動画に撮る事を指します。

スクリーンショットの動画版と言えばわかりやすいかもしれませんね。

それではまずは準備するものです。

  • (動画を撮りたい)iPhoneやiPad
  • ライトニングケーブル(純正で付いている白い充電ケーブル)
  • QuickTime player
  • 以上です。

    上の二つはわかりやすいと思いますが、三つ目の『QuickTime player』とは↓のようなアイコンのアプリです。

    QuickTimeplayer

    QuickTimeplayerとはWindows、Mac向けに無料で配信されている動画撮影、再生アプリの事です。

    お手持ちのMacには標準で搭載されていると思います

    以上が揃えば準備完了です。

    QuickTime playerの使い方

    それでは具体的な手順に行ってみましょう!

    まずはライトニングケーブルでiPhone/iPadをMacに接続します。

    QuickTime playerを起動します。

    Launchpadに入っています。

    キャプチャ1

    ファイルの選択を要求されますが無視して上のファイルをクリックし、『新規ムービーを収録』をクリックします。

    キャプチャ3

    Macのインカメラが起動しますが、こちらも無視して赤い丸(録画ボタン)の横の『V』をクリックします。

    キャプチャ4

    録画の対象を選択する画面が出てきますので、録画したいデバイス(今回はiPhoneです)を選択します。

    キャプチャ5

    Macの画面にiPhoneが表示されました。

    あとは任意のアプリを起動して録画するだけです。

    キャプチャ5

    試しにiPhone上でyoutubeを再生する手順を録画してみました。

    こちらがQuickTime playerを利用して撮影した動画です。※諸事情があり音声はありません。

    https://www.youtube.com/watch?v=-lm28qQJXg4

    まとめ

    今回はMacのQuickTime playerでiPhone/iPadのキャプチャ動画を撮影する方法でした!一度試してみてくださいねー!

    • このエントリーをはてなブックマークに追加