格安で mac を使う!mac mini(中古)でmac 導入記録1/3

この記事の所要時間: 431

IMG_3887

はいどうも管理人の「てん」です。

今回の記事では、デスクトップタイプのMacが欲しいけど、あんまりお金がないという方のために

中古Macを活用して、できる限り予算を抑えながら、Macのデスクトップ環境を構築するまでをご紹介致します。

初めてMacにチャレンジしてみよう!、Macが欲しいけどあんまり予算がかけられないという方はぜひ!参考にご覧ください!

デスクトップタイプのMacを手に入れるまでのPC環境について

本題に入る前に、デスクトップ環境を手に入れるまでの私のPC環境について紹介します。

私が初めて買ったのは非RetinaタイプのMacBookPro 13インチでした。

※2017年7月現在廃盤になっているモデルです。

IMG_5081

こちらの写真は2016年にMacBook Air11インチを購入した時の写真ですが、左に写っているMacBook Proがもともと持っていたやつです。※ちなみに現在は友人が使っています。

2011年に13インチMacBook Proを購入しはや5年に渡り使用してきたMacBook Proですが、

使用用途は

  • ブラウジング
  • パワーポイント
  • エクセル
  • Photoshop
  • 動画編集
  • PCDJ(使用ソフトseratoDJ)

こんな感じです。

スペックは

  • Intel core i5 2.3GHz
  • メモリ 8G
  • ssd 126G

※もともとハードディスクモデルですが、購入後、自分でSSDに交換しました。

MacBook Airを購入する前は、仕事も遊びもMacBook Pro一台で全てを行っていました。

デスクトップ環境を構築したきっかけ

5年間一台で全てのことを賄ってきたのですが、2015年からフリーランスとして働くことになり、プライベートよりも仕事でパソコンを使う機会が増えてきました。

ちなみに自宅で作業をすることも増えてきたので、外部ディスプレイを購入し、MacBook Proを外部モニターに接続して半年ほどはこの環境で作業を行っていました。

ちょうどこんな感じですね。

IMG_4846

この写真で使用していたディスプレイはLGの21型のモニター。

1万円前後で購入することができ、ディスプレイも綺麗なので実は未だに使っています。

また、長時間自宅で作業をする際には、ディスプレイの高さも重要ですので安物ですがディスプレイアームを使用していました。

しかし、この環境と私の持っていた旧型MacBook Proの相性はあまり良くなく問題が発生するようになりました。

その問題とは

  • 毎日、カバンから出し入れしてモニターに接続する面倒くささ
  • 外部ディスプレイに接続することによるMacの発熱と性能の低下

の2点です。

カバンから出し入れするという点については、私の気持ち次第ではありますがw

MacBook Proが発熱すること、そして温度が高くなることによって処理速度が落ちるというのはストレスの原因や、作業効率の低下につながるため何とかしなければいけない!ということになったわけです。

しかし、当時の私は独立したばかりでお金に余裕がありませんでした。

とはいえ、安物のデスクトップパソコンを購入しても仕事では使えない。

じゃぁどうする?

何とか安くでデスクトップタイプのMacを手に入れよう!となったわけです。

そして、使える予算は5万円

今よりスペックの良い状態を5万円以内になんとか作り出すぞ!ということでデスクトップ環境の構築を行ったわけです。

続きはこちら格安でmacを使う!  mac mini(中古)でmac導入2/3
https://www.youtube.com/watch?v=APKq06atG1I

  • このエントリーをはてなブックマークに追加