AppleTV 会議がよりスマートに!便利な使い方!

この記事の所要時間: 239

9000円前後で買えるAppleTV

 
AppleTV

AppleTV2
 
 
 
        
                  

「AppleTV」Appleのラインナップにあるのは当然知っていましたが、実際に購入しようと思った事がありませんでした。先日アマゾンで9000円前後で販売されているのを見かけ、どんなものか調べてみました。
あまり馴染みのない用途のアイテムで実態が掴みにくかったものの、よく調べると良いアイテムだと思いましたので紹介します。

AppleTVでできる事。

AppleTVではTVは見れません!w 
TVを聞くと、一般的には地上波のTV番組をイメージしてしまいますよね。しかし、AppleTVは地上波のTV番組は見る事ができません。
AppleTVはテレビと接続して、映画や音楽を楽しめる、いわゆる「セットトップボックス」と言われる装置です。

AppleTVの主な機能

      ・映画のレンタル
      ・iPhone/iPadで撮影した画像や動画をTVに投影
      ・パソコンの中の映画、音楽をTVで再生
      ・iPhone/iPadのゲームをテレビでプレイ
      ・Youtubeなどの動画サイトをテレビで再生

主な機能は上記のようなものです。前日しましたがAppleTVはチューナー機能はありませんのでいわゆるTV番組を見る事はできません。
iPhoneやmacのデータをTVで再生する。インターネットを介して、映画や音楽をTVで再生する。大きく分けるとその二つです。正直、上記の用途ではわたしにとっては全く不要です。なぜならば、TVも、写真も全てパソコンで見ているし、映画も全てパソコンで対応しているからです。

まぁ知らんかったって事はこういう事だよな〜と思ったのですが、アマゾンのレビューを見て目からウロコでした。

会議室でiPhone30台と連動させている。

これは画期的だ!と思いました。w

これだけPCとスマホの連携がはかれる世の中で、未だに、会議室にはみんながノートPCを持ち込み、コードが届くとか届かないとか、電源がないとか、ゴタゴタしているそんな風景をよく見かけます。

そんな時のこいつを一台セットしておけば、スペースの少ない会議室でのプレゼンもiPhoneを接続し、Keynoteを起動するだけで、プレゼンができてしまう。こういう使いかたができればスマートだなと感じました。

実際、外部でプレゼンをする際もコンパクトなAppleTVとプロジェクターに接続するケーブル、iPhoneが一台あれば、どこでもプレゼンができてしまう。本来の使い方かどうかはわかりませんが会議室のスペースが少ない企業様や、会議をスマートに進めたい方はかなりお手頃価格で購入できるので設置を検討してみればいかがでしょうか。

 
 

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加