Mac/ 重たいもっさりMacが新品の早さに!4+1の方法

この記事の所要時間: 537


Techtool Pro 8 1


Techtool Pro 8 2

Techtool Pro 8 3

Macを新品の時の早さに戻してくれる「Techtool Pro 8 」

Macが最近もっさりしてきたな‥

Macを使っているとなぜか気になるもっさり感。もともとMacOS以外のPCと比べると、比較的サクサク動くのが売りのMacPC。

でもなぜか使っているともっさりしてくる。

「Mac 重たい」とググるとMacを軽くするための情報はたくさん出てきます。しかし、簡単にできるものから、なかなか専門的なものまで解決策は多岐に渡り、調べるだけで一週間分のエネルギーを使い果たしてしまいそうになります。

そんな時にお金を払ってチャチャッと解決できる方法が見つかったので紹介します。

そもそもMacってなんで重たくなるの?

そもそもなんでMacって重たくなるの?これMacを使い出した初期の頃はイマイチわかりませんでした。
一般的にパソコンはストレージの容量がいっぱいになったり、キャッシュが溜まったりして重たくなるもの。

Macの場合メモリ解放アプリなど無料のものもたくさん公開されているので、試してみるけど全然改善されないことってありますよね。

ということでMacが重たくなる理由について調べて見ました。

Macが重たくなる主な理由

Macが重たくなる理由はいくつかあります。まずはここをチェックしましょう

①デスクトップがアイコンだらけ。

これは手軽にチェックできる項目の一つ。

Macのファイル階層の仕組み上、デスクトップのアイコンもウィンドウとして処理されます。その結果、デスクトップにたくさんのアイコン、たくさんのファイルがあるとMacが動作する際にいちいち処理が発生し重たくなってしまうのです。

理由はともあれMacのデスクトップを綺麗にすることで動作を早くすることができます。

②物理的にメモリが不足している。

こちらも手軽に確認できる項目です。

Macに限らず、世の中に存在するコンピューターは”メモリ”というものが搭載されています。これはMac上での作業をする作業場のような役割を果たしており、アプリケーションを処理する際にしようされる場所にです。

ブラウジングだけや、テキストの入力作業だけであればメモリもそんなにたくさん必要としないのですが、スキルの上達に合わせて使うアプリケーションが増えていけばいくほど広い作業場を必要とします。

メモリを解放するアプリケーションなどを使用すれば、一時的に解放はされますが、そもそもの搭載メモリは少ない場合はもうお手上げです。

一旦確認していただいて限界よろしくの場合は物理的なメモリ増設を検討しましょう

③ハードディスク、SSDなどの主記憶装置がお釈迦様に招かれている。

こちらは手軽にはチェックできないのですが、根本的な理由なので紹介します。

基本的にコンピューターはコンピューターを動かすプログラム(OS)をMacの中のハードディスクまたは、SSDの中に保存しています。そして、様々な指示に基づいて、必要なプログラムを呼び出してディスプレイに反映させてます

Macを落下させてしまった。湿度の高いところに放置していた。高音の環境で使用し続けたなど、なんらかの原因で主記憶装置がぶっ壊れてしまうと動作がうまくいかず、動作が遅くなってしまうことがあります。

もし万が一疑いがある場合は診断をしてくれる会社がたくさんありますので問い合わせて見てください。

③ハードディスク、SSDなどの主記憶装置がいっぱいになってる。

こちらもチョー簡単にチェックできるのでご確認ください。

確認方法は

Mac左上の「」をクリック→「このMacについて」をクリック→「ストレージ」をクリック→「mackintoshHD」

上記の手順でMacのストレージの空容量が確認できます。
こちらがいっぱいになっているとMacが劇的に象さんプレイをしだすのでよく確認してください。

対処方法はMacに保存されているファイルを削除しまくるか、物理的にハードディスクを増設するかどちらかです。

④ソフトウェアが自動でアップデート中

こちらは一時的なものですが、ソフトウェアの自動アップデートが行われている時はMacはもっさりしてきます。

こちらはアップデートが終われば元に戻りますが、メモリを使用するので、多少後を引くかもしれません。

ざっくり説明すると上記の理由が多いです。

しかし、一番厄介な理由がもう一つあります。それは

ファイルの断片化

です。

ファイルの断片化とは何かといいますと、たくさんのアプリを入れたり消したり、Mac上で作成したファイルを作ったり消したり、移動させたりしていると、Macのプログラムファイルが複数作成されていきます。その結果、買ったばかりのMacは最低限のファイルしかないのでMacさんも目的のファイルを見つけるのに一本道で行くことができます。しかし、使いまくったMacでは、探したいファイルに行くまでにMacさんがたくさんの寄り道をしなければたどり着けなくなってしまいます。

これが一番厄介な理由です。

これを防ぎ、解決させるためには、つどつど断片化したプログラムファイルを削除するか、定期的にOSのクリーンインストールを行うしかありません。

めんどくさいことは金を払って解決しましょう!w

正直、自分でいちいちやってたら、仕事をはかどらせ、何かを作り出すためのMacに手間を取られるという本末転倒な結果になりかねません。

ということでおすすめの商品はこちら

Macを新品の早さに戻してくれる「Techtool Pro 8」

こちらはアクトツーから発売されているMac専用のメンテナンスツールです。

主な機能

  • データ保存場所の最適化(ディレクトリの最適化)
  • データの断片化の修復
  • 近似ファイルを一箇所に集めて空き容量の最大化
  • 削除したデータの修復

上記のように一万円ちょっとのソフトですが相当多機能。Macでいろんな作業をするユーザーには安い投資かもしれません。








公式ホームページはこちら

画像出展:amazon


  • このエントリーをはてなブックマークに追加