Mac面倒な起動時のパスワード設定をオフにする方法!

この記事の所要時間: 29

passwordeyecatch

どうも僕です。「てん」でございます。

本日はタイトル見ていただければわかりますが、

「Mac起動時に入力するパスワードをオフにする方法」

のご紹介です。

Macを起動すると必ず表示される「パスワード入力」。

私のように1日15時間以上パソコンの画面を眺めているヘビーユーザーにとっては大変面倒くさい作業です。

MacBookは外に持ち出すので仕方ないとして、自宅に常駐しているMac miniさんはパスワードの入力が大変大変面倒くさい。

ということでMac起動時のパスワード入力を省略する裏技(?)をご紹介します。

まず初めに!

初めに確認しておきたいことがございます!

  • そのMacを外に持ち出すことはありますか?
  • そのMacはあなたのものですか?
  • 見られてはいけないファイルは入っていませんか?
  • こちらの3点は最低限確認してください。

    パスワードを省略するということは時短・ストレスの軽減につながります。

    しかし、一歩間違うと大切な情報を抜き取られたり、そのMacが会社のPCだった場合、犯罪に加担することになりかねません。

    パスワードをオフにするリスクをしっかりと認識してから実行してください。

    それでは、上記のリスクを理解した方は具体的な方法に参りましょう!

    Mac起動時のパスワード入力をオフにする手順について

    まずはデスクトップを表示します。

    りんごマークをクリックします。

    1

    「システム環境設定」をクリックします。

    2

    システム環境設定が立ち上げるので「ユーザーとグループ」をクリックします。

    3

    ユーザーとグループが立ち上がりますので左下の鍵マークをクリックし変更を許可します。

    4

    次は矢印のログインオプションをクリックします。

    6

    右上の自動ログインをクリックします。

    5

    クリックすると登録してあるユーザーが表示されます。

    私の場合は1アカウントしか登録がありませんので黒塗りの1アカウントしかありません。

    7

    そして自動ログインを解除したいアカウント(パスワード入力をやめたいアカウント)を選択します。

    すると変更を許可するパスワードを入力します。

    これで作業は完了です。

    最後にもう一度「ユーザーとグループ」を立ち上げます。

    4

    そして右下の鍵をクリックして変更を許可しない状態に戻しておきます。

    まとめ

    これで起動時のパスワード設定がオフになりました。

    これで少しストレスなくMacを起動できるようになりました。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加