Mac/iPhoneユーザーにおすすめのWiMAX2+を活用した年間10万円の節約術!

この記事の所要時間: 349



今や職場やカフェなどでパソコンを使うユーザーにとっては必須アイテムとなったポケットWiFi。

ほんの数年前までは一部のパソコンマニアか、本職の人以外は持っていないようなアイテムでしたが、結構な人が持っていますよね。

実際、私も2年前からずっと使っていて、自宅でも外出先でもこれ一本で生活をしています。

携帯代の節約にもつながりますし、とても重宝しています。

本日は、macユーザーでポケットWiFiユーザーの私がおすすめの使い方、サービスをご紹介いたします!

一年間で約10万円は節約できる!WiMAXのおすすめの使い方!

WiMAX

それでは早速WiMAXのおすすめの使い方をご紹介いたします!

私はガラケー、iPhone5s、Macbook proを電子機器としては保有しています。

私が一番おすすめする使い方は

ガラケー+ポケットWiFiの使い方です。

正直この組み合わせにしてから、年間約10万円は通信費用がやすくなっています。

内訳は下記でご確認ください。

《以前のプラン》

  • iPhone(ソフトバンク)→約10000円/月
  • WiMAX→約4000円/月
  • 合計約14000円

    ※iPhoneのプランはかけ放題とパケ放題+通信料追加分(1GBで1000円)

    《現在のプラン》

  • ソフトバンクガラケー→2200円/月
  • WiMAX→約4000円
  • 合計約6200円/月

    ※ガラケーはかけ放題のみの契約です。

    このように以前のプランからすると月7800円程度の節約に成功しています。

    ポケットWiFiでiPhone、macをインターネットに接続し、ガラケーは電話のみ使用するという形で現在は行っています。

    ソフトバンク、ドコモのガラケーには2200円で電話かけ放題のプランがあるので契約をそれのみにしてしまうととてもお得に携帯を持つことができます。

    メールはフリーメール(Gmail)を利用しているのでiPhoneで受信できますし問題はありません。

    ポケットWiFi(WiMAXなど)の導入をお考えの方はこんな使い方もできますのでご参考にどうぞ。

    おすすめのWiMAX2+サービスプロバイダ!

    まずモバイルWiFiには大きく分けると2種類あります。

  • WiMAX
  • ワイモバイル
  • 大きく分けるとこの二つです。
    これは運営する会社が違い、サービス内容も多少違いはありますが、似たようなものと思っていただいて構わないと思います。

    とはいえ、こんなざっくり終わらせるわけにはいかないので一応メリットデメリットをまとめてみましょう!

    WiMAXについて

    《メリット》

  • 通信速度が早い
  • 基本的には使い放題※3日間3GB使うと一時的な制限あり
  • 《デメリット》

  • 障害物によって電波が遮断されやすい
  • 《こんな方におすすめ》

  • 速度は早い方がいい!
  • 頻繁に使用する!
  • 固定回線はひかずこれ一本
  • こんな方におすすめです!

    ワイモバイルについて

    《メリット》

  • 低周波なので、障害物があっても電波が安定する。
  • 《デメリット》

  • 通信制限が普通にある。
  • 速度はWiMAXよりも遅い
  • こんな人におすすめ

  • そんなに使用頻度は高くない。(外出した時だけ)
  • 速さよりも安定している方が良い。
  • ワイモバイルはこんな人におすすめできます。

    私の場合は頻繁に使用しますので通信制限があると困ります。また、動画なども良く見るため、速度もも早い方が良いということでWiMAXをえらびました!

    確かに電波の安定性でいうと悪いところもありますが、使用不可になってしまうことや、仕事の妨げになるようなことは一切ありませんのでWiMAXにしてよかったと思っています。

    私がおすすめするWiMAX販売サイト!

    それでは私が購入したWiMAXの販売サイトも合わせて紹介しておきます。

    こちらのサイトは他のWiFi通信事業者にはない『プリペイド契約』ができるのも面白いです!

    サイトリンクはこちら

    WiMAXのプリペイドが買えるのは【DIS mobile WiMAX STORE】

    またこちらは通信系の商材を扱う商社が運営しているようで様々な特典があるのも嬉しいです!

    まだどこで契約するか決まっていない方は一度覗いてみてくださいー!

    まとめ

    今回はWiMAX2+を利用した節約法とおすすめのWiFi通信事業者のお話でした。

    これからWiMAXを使おうと考えている方の参考になれば幸いですねー



    • このエントリーをはてなブックマークに追加