まだ100円のボールペン?デキる男目指すなら知っておきたい!おすすめのペンブランド6選

この記事の所要時間: 1537

ペリカン2

100円のボールペンってダッセーよ!

って25歳の時に言われて以来、ボールペンはいいやつを使っている管理人のてんです。

今回はアラサー中堅サラリーマンの方のために、できる男を目指すなら知っておきたいペンブランドを6つ紹介したいと思います。

もちろん、ボールペンは今すぐ必要というものではないと思いますが、ちょっとお金に余裕がある時に一本くらい買っておいてもいいじゃないでしょうか?

仕事のできる人間はペンにこだわっている事実。

高級ペン

おすすめのペンブランドを紹介する前に、ペンにこだわる意味について一つエピソードを紹介して見たいと思います。

私が個人的に尊敬している外資系金融の超やり手営業マンである先輩はモンブランという超高級ブランドのボールペンを2本持っています。

それも同じモデルなんですが、色が異なり"金"と"銀"を一本づつ。

不思議に思った私は「何で2本も持ってるんですか?」と聞くと

「一本はお客さん用で、一本は自分用。

仕事でいつも俺が使っているボールペンをお客さんに貸すなんて失礼やろ。

契約書にサインしてもらう時とかにこのボールペン渡して書いてもらうねん。

ちなみに、金色がお客さん用な。w」

とのこと。

私も営業経験がある人間なんですがこの話を聞いて

「お客さんに対してここまで敬意を持てる人は成功するわ。

 俺もこんな人にならなあかんなー」

と思ったことがありました。

つまり、ボールペンにこだわれる、小物にこだわれるというのはデキる男になるためのステップの一つというわけです。

ど定番!これ知らなかったらマジで恥かくペンブランド3選

pen6-1

ということで、ボールペンに対するモチベーションが上がったところでお勉強タイムですよ。

今回は、デキる男なら知っておきたいド、ド、ド、ド、ど定番!ボールペンブランドを3ブランド紹介したいと思います。

ボールペン界のロレックス!ドイツの高級ブランド「モンブラン」

モンブラン

ということでど定番ブランドの一つ目は「モンブラン」です。

純粋にペンとしてどうかという依然に、時計で例えるならロレックス。

誰もが知る高級ペンブランドであり、クラシカルでオーソドックスなデザインで長年、高級ブランド街道をまっしぐらに突き抜ける定番中の定番ブランドです。

アラサーサラリーマンでモンブラン知らない人って、ぶっちゃけイケてないと私は思っています(←強気)

様々なペンブランドはありますが、モンブランは比較的高価格な製品が多く、5万円〜10万円くらいが相場とまさに高級ブランドです。

■楽天市場はこちら■

MontBlanc モンブラン 2866 ボールペン マイスターシュテック クラシック プラチナライン

モンブランの歴史

モンブラン2

やはり、ブランドを知っているだけではなく、そのブランドの背景も同時に知るのが大人というもの。

モンブランの歴史も簡単に紹介しちゃうよ!

1906年にドイツにて三人のエンジニアがこれまでにない、ハイクラスなペンを作ることを決意しモンブランの前身となる会社が設立されました。

当時はインクのビンにペンを浸し、吸引させることによって文字を書いていた万年筆であったが、1909年にインクボトルとペンを一体にさせシンプルでありながら、インクがこぼれず安全に字が書ける「ルージェ・エ・ノワール」というモデルを発表。

このペンによって「モンブラン」が世界に認められるブランドとして知られるようになりました。

1913年にはアルプス山脈の最高峰「モンブラン」の頂上にかかる雪をイメージしたロゴ「ホワイトスター」が正式なロゴとなり、モンブランのように世界最高の品質を象徴するペンとしての誇りを追求することになります。

そして、1924年にはモンブランの定番モデルである「マイスターシュテック」が発表され、今日までモンブランを代表するモデルとして愛され、さらに、世界でもっとも有名なペンとして名前を知られることになりました。

と、100年以上の歴史があるモンブランは創業以来、文房具の最高峰としても道を歩み続けているわけですね。

■楽天市場はこちら■

MontBlanc モンブラン 2866 ボールペン マイスターシュテック クラシック プラチナライン

男の三種の神器と称される紳士のアイテム「パーカー」

パーカーモンブランに続く2つ目のど定番ブランドはパーカーです。

こちらも高級ペンといえば?と聞かれて必ず出てくるブランドで、歴史は130年以上になる一流ブランドの1つです。

そして、日本でも高度経済成長前後では

  • オメガの腕時計
  • ロンソンのオイルライター
  • パーカーの万年筆

の3つを「男の三種の神器」と呼び、男の身だしなみとして愛されていました。

その名残で、今でも少し上の世代の人たちの間では「いいもの持ってるね〜」の対象になっているわけです。

価格帯では、モンブランよりも安めのものが多く、数千円〜5万円台ぐらいまでが相場となっているため、若干モンブランよりは手が届き安い印象があります。

モンブランがベンツだとすれば、パーカーはオメガと言ったところでしょうか。

■楽天市場はこちら■

PARKER パーカー・ボールペン 「IM」PARKER】パーカー・ボールペン  「IM」アイエム ラックブラックGT

パーカーの歴史

パーカーパーカー

パーカーは19世紀末頃、電気技師だったジョージ・スタッフォード・パーカーが漏れや詰まりが発生しないインク供給システムを発明するところがから歴史が始まりました。

そして今から約130年前の1888年に最初の万年筆が発売されて以来「良いペンを追求する」というコンセプトの元、最新の技術を積極的に取り入れ、機能性を高めると同時に美しさ、使いやすさを追求し新たなペンの開発に尽力してきました。

その結果、いつしか「The world’s Most Wanted Pen(世界中が求めていたペン)」などと称されるようになり、今日に至ります。

パーカーの象徴である矢羽クリップは、道への挑戦、新たな可能性の探求など、志を追いかける人たちの道標になりたいという思いが込められています。

モンブランは少し早いかな?というアラサーサラリーマンにはちょうど良いブランドかもしれませんね。

■楽天市場はこちら■

PARKER パーカー・ボールペン 「IM」PARKER】パーカー・ボールペン  「IM」アイエム ラックブラックGT

アメリカ合衆国大統領も愛用するアメリカの老舗ブランド「クロス」

cross

3つ目のど定番ブランドはアメリカ生まれの文房具ブランド「クロス」です。

文房具はヨーロッパのブランドが多い中、唯一アメリカ発祥のクロスは、精密で芸術的な他のブランドとは一線を画す、ワイルドでアメリカらしい独特の雰囲気が非常におしゃれなデザインが特徴です。

また、モンブランが1906年、パーカーが1888年に歴史が始まったのに対して、クロスの歴史は長く1846年に始まり170年に及ぶ歴史あるブランドで、元アメリカ大統領であるバラク・オバマ、現アメリカ大統領であるドナルド・トランプも愛用するなど一流ブランドペンブランドとして高い知名度を誇っています。

■楽天市場はこちら■

CROSS クロス タウンゼント プラチナ・プレート

 クロスの歴史

cross1

クロスの歴史はアメリカロードアイランド州似て1846年に幕を開きました。

アメリカに渡ったイギリス出身のアロンゾ・タウンゼント・クロスは、美しい装飾を施したペンシルホルダーの製作を行う傍、シャープペンシルの前身となる繰り出し式ペンシルの開発や、望遠鏡のように本体が伸び縮みする望遠鏡式ペンシルなど画期的な文房具の開発を行い、アメリカで26つ、イギリスで7つの特許を取得を実現しました。

その後、1876年にボールペンの前進となるインク一体型のペンを開発し、

「筆記用具を通じて、開発力、想像力、情熱、技術を世界中にもたらし、そして、人々の意識に革新を与えること」

というコンセプトを追求し続けました。

現在では、アメリカンクラシックなムード漂う、高級感のあるペンを発表し続ける一流ブランドとして世界中で愛されています。

■楽天市場はこちら■

CROSS クロス タウンゼント プラチナ・プレート

「良いもの持ってるね〜」と言われる!知ってて得するおすすめのペンブランド3選

pen6

ここまでで、知らないと恥をかくド定番ブランドを3つ紹介しました。

ここからは、さらに一歩先に進んで、知ってて得するおすすめペンブランドを3つ紹介します!

こちらもしっかりマスターして、デキるアラサー目指して見てはいかがでしょうか。

世界最高峰と称されるドイツのペンブランド「ペリカン」

ペリカン1

ペリカン2

まず最初はやっぱりこれドイツの名門文房具ブランド「ペリカン」です。

ペリカン社の作る万年筆の代表モデル「スーベレーン」は世界最高峰と称されるデザイン性の高さ、そして、書き心地の良さを実現しており日本でも多くの文豪が愛用したとされるまさに本物の文房具です。

ペリカンの特徴は「知ってる人は知ってる優れた逸品」という部分であり、上記で紹介したど定番のブランドとは少し違ったカテゴライズのペンブランドだと言えます。

また、ペンのケース部分に施された芸術性の高いデザインというのもペリカンの魅力の一つです。

多くの高級ペンブランドが高めの価格設定にする中、あくまでも文房具としてペンと捉えているペリカンは、低価格帯から高価格帯まで幅いろいラインナップを持っており、日本ではそこまで知名度の高いものではないかもしれませんが、そこにかっこよさがあるとも言える素晴らしいブランドです。

■楽天市場はこちら■

ペリカン PELIKAN スーベレーン ボールペン K400 ブルー縞 BP

エレガントで只々美しい芸術的なペンを作る「ウォーターマン」

ウォーターマン1

ウォーターマン2

知ってて得するブランドの2つ目は芸術的な美しさが特徴の「ウォーターマン」です。

ウォーターマンの魅力はその発祥をみるとわかります。

ブランドの創業者であるウォーターマンは他のブランドとは異なり、元々ニューヨークの保険営業マンでした。

ある日、大口の顧客との契約を控え、気合いを入れて新品のペンを用意して商談に臨んだところ、なんとペンからインクが漏れ大切な契約書を汚してしまいます。

大急ぎで代わりの契約書を取りに帰ったのですが、商談に戻った時にはすでにライバル企業と契約を結んでしまっていました。

この苦い経験から、インクが漏れず商談で使えるペンを開発し、その後一流のペンブランドとして発展を遂げていきます。

ウォーターマンのペンはどれも芸術的な美しさと、書き心地の良さを兼ね備え「ライティング・ラグジュアリー」とも称されています。

歴史を見ていくと、営業をしているアラサー野郎にぴったりのペンだと言えますね!

■楽天市場はこちら■

【送料無料】WATERMAN ウォーターマン デラックス エキスパート

イタリアらしい個性の強いデザインが魅力「アウロラ」

アウロラ

アルロラ2最後のブランドはイタリア初の万年筆ブランドである「アウロラ」です。

アウロラは「機能性とデザインの調和」をコンセプトに1919年から続くペンブランドです。

イタリアらしい個性の強いカラー、デザイン。

パーツを部分的に外部発注することの多いペンにおいて全てのパーツをイタリア国内で製造するイタリアイズムが特徴のペンとなっています。

そのデザイン性の高さは古くから認められておりアウロラを代表するモデル「アスティル・テッシー」は筆記用具で初めてニューヨーク近代時美術館に永久保存されるなど高い評価を得ています。

最近では、イタリアンファッションを参考にするビジネスマンがかなり増えていますが、ネクタイの色とペンの色を合わせたり、ジャケットからちらりと覗く目を引くデザインがおしゃれなビジネスマンを目指すアラサー系サラリーマンにおすすめの逸品です。

■楽天市場はこちら■

アウロラ ボールペン 油性 イプシロン B31-Yイエロー

ペンって意外と奥が深くて、かっこいい

今回の記事では、アラサーメンズにおすすめの一つステップをあげるペンブランドを紹介しました。

「ペンは剣よりも強し」

なんて言葉がありますが、ペンは人間の智の象徴です。

ペンにこだわれる人ってかっこいいなーと私は思っています。

もし、興味があって、お金に余裕がある方は一本くらい買って見てもいいんじゃないでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加