Macのマウスカーソルをカスタムするアプリ『PinPoint』が便利です。

この記事の所要時間: 226

MacBook Proをデュアルモニターで使っているとすぐ迷子になるマウスのポインター(カーソル)。

そんな大きなディスプレイではないのに結構迷子になるんですね。w

ウィンドウズのパソコンであればデフォルトの設定でマウスポインターって結構自由に変更できるのですが、MacはosXになってからできなくなってしまたーーー!

ということでこちらのアプリを導入しました!

PinPoint App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥600

かなり便利なのでご紹介したいと思います!

Macのカーソルが見つけやすくなる『PinPoint』の使い方!

それでは使い方と機能を見ていきましょう!

まずはアプリをダウンロードします。

1

そしてLaunchpadから起動します。

起動するとツールバーに表示されます。

2

台風みたいなマークをクリックします。

クリックすると、このようなメニューが表示しますので『設定』をクリックします。

3

『設定』が開きます

4

『設定』が開いたらまずはカーソルの周りに出てくるオーナメントを選択します。(自分で任意の画像も設定できますが今回のご紹介では割愛します。)

このようにリストが表示されますので自分の好みで選択します。
私はアプリのロゴにもなっている台風みたいなデザインを選択しました。

5

続いてはカラーを選択します。カラーチャートが出てきますのでこちらも任意のカラーを設定してください!

6

続いてオーナメントが出現するタイミングを選択します。『常時』『アイドリング時』『移動時』の三つのタイプから選択します。私は迷子になるのが嫌なので、アイドリング時を設定しました。

7

そして上のタブからオプションタブを選択して一番上の『ログイン時に起動』にチェックを入れます。

これによっていちいち再起動時に起動しなくてもよくなりました。

8

これで私の設定の場合『マウスを使用していない時に3秒経過するとカーソルの周りに赤い渦巻きが出てくる』ようになりました。

9

Photoshopなどを利用したり細かい作業をする場合、常にオーナメントが出ているとかなりウザいので、私の場合は停止時のみにしました。

逆にモニターが複数ある場合は移動時に出てくる設定にするものありかもしれませんね。

Macのマウスカーソルをカスタムするアプリ『PinPoint』のまとめ

Macをガシガシ使って仕事をするユーザーにとっては比較的便利なアプリだと思います。
600円と気持ち高めかもしれませんが自分の好みでマウスポインター(カーソル)を設定できるこちらのアプリ導入しても損はないアイテムだと思います。

マウスのカーソルが迷子になって困っているMacユーザーは検討してみてくださーい!

PinPoint App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥600

  • このエントリーをはてなブックマークに追加