購入前に知っておきたい中古iPhoneの4つのデメリット

この記事の所要時間: 656

main

毎年のように新型iPhoneが発売され、どんどん機能も進化してきていますが、

「そろそろ、新型のiPhoneじゃなくてもいいかな」

「格安SIMにしたいし中古iPhoneを買ってみようかな」

というように、中古iPhoneを検討している方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、これまで5台以上の中古iPhoneを購入し格安SIMなどで運用してきた管理人テンが中古iPhoneのデメリットについて紹介したいと思います。

中古iPhone買って何に使うの?

IMG_0330

そもそもの話ですが、デメリットを語る前に「何に使うか?」という使用目的を明確にする必要がありますので簡単に紹介しておきます。

中古iPhoneの使い道としては大きく分けると

  • 格安SIMやキャリアで契約仕直してスマホとして使用する

  • 回線契約はせず、Wi-FiでiPodとして使用する

の二つがあると思います。

どちらの目的で使用するのかによって、デメリットの部分は変わります。

また、私の場合、かなり古いiPhone5はyoutubeとラジオのアプリだけを入れラジオ代わりに使っていたりもします。

このように何に中古iPhoneを使うかを明確にした上で中古iPhoneを選んで行くことがまずは重要です。

中古iPhoneのデメリット

では、ここからは本題である中古iPhoneのデメリットについて紹介したいと思います。

中古iPhone自体のデメリットとしては以下の4つがあると思います。

バッテリーが消耗している

usediphone4-1

まず、わかりやすいデメリットとしては、バッテリーの消耗があります。

ほとんど毎日充電と放電を繰り返すiPhoneはバッテリーの消耗が早いです。

また、アンドロイド携帯ならバッテリーパックが取り外しできるものが多いので、バッテリーが消耗していれば交換できますが、iPhoneは基本的にはバッテリー交換ができないようになっています。

液晶が消耗している

usediphone4-2

続いてのデメリットは液晶の消耗です。

液晶の消耗と聞いてもピンとこない方も多いと思いますが、2年くらい使っているiPhoneは液晶が消耗し光度が低くなっていることがあります。

iPhoneの場合、液晶が消耗していると黄色っぽくなってきます。

毎日みていると黄色っぽくなっていても気がつきにくいですが中古で購入するときになる場合があります。

寿命が短い

usediphone4-4

中古のiPhoneは当然ながら寿命が短いです。

先ほど紹介したバッテリーの消耗や液晶の消耗もありますがその他の部分も徐々に劣化していきます。

また、湿度の高いポケットに入れられたり、小雨の中で使用するなどして軽い水没状態になっていることもあります。

もちろん前のオーナーの使い方や個体差もありますが、基本的には新品よりも寿命は短いと考えた方が良いでしょう。

端末選びに知識がいる

usediphone4-3

そして、最後のデメリットとしては端末選びに知識がいるという点がデメリットと言えるでしょう。 こちらの記事でも詳しく解説していますが、SIMロックの仕組みやIMEI番号、本体の状態などそこまで難しくはないものの全くの無知の状態で購入することはできません。

中古iPhoneの選び方については「中古iPhoneの達人が語る!中古iPhoneの選びの基礎知識」こちらの記事でも詳しく解説していますが、SIMロックの仕組みやIMEI番号、本体の状態などそこまで難しくはないものの全くの無知の状態で購入することはできません。

もし、誤った端末選びをしてしまうとせっかく買ったiPhoneが使えないということになってしまいます。

したがって、実際に購入する際はある程度、下調べを行ってから購入することが必要だと言えます。

中古iPhoneも少しの努力で快適に!?

download

ここまでで、中古iPhoneのデメリットについて紹介しました。

もちろん全てのデメリットを解消することはできませんが、

  • バッテリーの消耗
  • 液晶の消耗

については少しの工夫と努力で快適に使えるようになります。

おそらく、一度くらいは聞いたことがあると思いますが、iPhoneの電池交換、液晶交換はめちゃくちゃ簡単です。

しかも、工具もほとんど必要なく初めての方でも20分もあれば交換することができます。

私は中古iPhoneを購入し、液晶やバッテリーに消耗があった場合は自分で交換します。

今まで4度ほど分解を行いましたが、一度も失敗したことはないと言えるほど簡単です。

また、新品で購入したiPhoneの場合、分解修理をアップルストア以外で行うと保証が聞かなくなってしまうこともあります。

しかし、中古のiPhoneはそもそも正規店での修理を前提にしていませんよね?

ということで、購入した中古iPhoneにバッテリーや液晶の消耗がみられる場合は自分での修理にチャレンジしても良いかもしれませんね。

中古iPhoneはデメリットもある。ただし使い次第ではかなりおすすめ!

今回は、中古iPhoneのデメリットについて紹介しました。

もちろん新品と比較すると様々なデメリットがありますが、それと同じか、それ以上のメリットがあるのも中古iPhone。

最新モデルのiPhoneじゃなくてもいいや!

と思っている方は、今回の記事を参考にしていただいて中古iPhoneライフを初めてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加