ワームでチニングするなら、虫ヘッドとガルプ!サンドワームで十分!

この記事の所要時間: 1121

lurematics70ul-7

大阪に住んでいるということもありチニングを楽しんでいる管理人テンですが、チニングを始めたときはなかなかチヌが釣れず苦労しました。

いろいろルアーを試したのですが、鉄板の組み合わせを見つけたので紹介したいと思います。

ちなみに、人生で初めてチヌを釣ったのもこの仕掛けでしたので、なかなかチヌが釣れなくて困っているという方はぜひ参考にしてみてください!

私のスタイルはナイト ズル引きゲーム

wormtinu-1

私はもともと渓流のルアー釣りでトラウト系のゲームを中心に楽しんでいたのですが、大阪にくるとトラウト釣りをするなら管理釣り場しかない。。。

ということで、ソルトルアーゲームに以降し、シーバス、チヌを中心にアジ、メバルなどを楽しんでいます。

その中で最近もっぱらはまっているのがチニング。

チニングとはご存知、黒鯛をルアーで釣るゲームです。

最近ではポッパーやペンシルなどで釣るトップチニングや、ダートさせて反射で食わすデイチニングなども盛んですが、どうも昼間にチヌが釣れる気がしなくて私はナイトゲームのボトムズル引きスタイルでチニングを楽しんでいます。

ボトムをずるずる引くだけでチヌが釣れるのでかなり簡単で面白い釣りです。

チニングで重要なことは根がかりを防いで、いかに底を引いてくるか!

wormtinu-2

ボトムズル引きのチニングゲームはその名の通り、川や海の底をズルズルとルアーを引いてきて釣る釣り方なのですが、チヌの好む地形というのは総じて根がかりがしやすいところが多いです。

なぜかというと、チヌはカニやエビなどの甲殻類を中心に捕食しており、カニやエビが生息するのはごろた石が沈んでいたり、牡蠣殻が捨てられているところだからです。

私のホームである淀川加工は、護岸工事がされており、ごろた石が川岸に沈んでいます。そのおかげでカニがやエビ、ハゼなどがうようよいます。w

そんな根がかりしやすい川底をルアーでズルズル引くわけですから根がかりを対策をしなければなかなかチヌにたどり着くことはできません。

そこで、釣具メーカー各社は根がかりがしにくいチヌ用のルアーを様々発売しており

シマノさんの「ネガカリノタテ」

ジャッカルさんの「ちびチヌヘッド」

アブガルシアさんの「チェクメイト」

などなど、根がかりしずらくチヌ釣りに適したジグヘッド(?)、メタルジグ(?)、スプーン(?)が様々発売されています。

どれも一応使ってみたのですが、確かに根がかりしにくい!

しかもフックもチヌ用で安心して使えます。

ただ…、一つ言えるのは高いw

根がかりしにくいとは言っても100%根がかりが防げるわけではありません。

足元で根がかった時はなんとか外すこともできますが、沖目で根がかりをしてしまうとほぼ100%回収は無理で自然に帰っていただくしかないわけですね。

こんな環境の中で1個500円から1000円近くするルアーを使って釣りをするのもなんとなく楽しめないということでいろいろ試してみた結果、ある答えを見つけました!

チニングは虫ヘッドとガルプサンドワームでコスパ最高!

wormtinu-6

ということで私が使っている仕掛けはこれ!

カルティバさんの「虫ヘッド」とガルプ「サンドワーム2インチ」です。

虫ヘッドといえば餌釣り専用のジグヘッドで、餌をつけてルアーのようにアクションすることができるという少し変わり種のジグヘッドです。

そして、ガルプサンドワームといえば、メバル、アジ、チヌなどを釣る方なら知らない人はいない汁系ワームです。

くさ〜い臭いの汁に使っており、餌以上に魚を集めてくれると評判のワームですね。

このセットで爆釣ですw

私はもっぱら、虫ヘッド4.5gにサンドワーム2インチの赤イソメ、イワイソメ、アオイソメのいずれかをつけ、そこをズルズル引くだけ。

魚がいれば2、3投で必ず食ってきます。

しかも、カルティバさんの虫ヘッドは300円から400円くらいで売られており4,5個入っているので一個ロストしても100円以下。

ワームを合わせても1セット100円程度でチヌが釣れるわけですからコスパは最高です!

虫ヘッドとガルプサンドワームの組み合わせの良いところ

wormtinu-31

コスパ最強の虫ヘッドとガルプサンドワームの組み合わせですが、良いのは値段だけではありません。

その他にもチニングで使用していてよかった点を紹介していきたいと思います。

虫ヘッドの良いところ

wormtinu-14

まずは虫ヘッドの良いところについてです。

虫ヘッドは前述の通り餌用のジグヘッドという少し特殊なジグヘッドです。

実際の釣行に際して、虫ヘッドの良いところとしては

  • 底が取りやすい
  • 根がかりしにくい
  • 小さいサイズのチヌでも確実にフッキングできる
  • ワームがずれにくい

という点があります。

虫ヘッドのシンカー部分は縦向きの円柱型になっています。

通常ジグヘッドというと丸もしくは三角のような作りになっているものが多いと思います。

wormtinu-10

底ズルの釣りでは三角形のシンカーでは底面に引っかかったり、障害物に引っかかりやすいので不向きです。

また、丸いシンカーの場合でも岩の上に乗っかったりした時に転がり落ちてしまうためこれも根がかりの原因になります。

しかし、円柱型のシンカーを使っている虫ヘッドは、底に接する面は丸型で引っかかりにくく、斜面に乗っかった際にも横面が平になっていることから転がりにくくなり、非常にズル引きに向いています。

wormtinu-12

また、根がかりしにくいだけではなく、しっかりと面で底を捉えるので、感度が良くなり底面の把握がしやすくなるという利点もあります。

wormtinu-11

そして、最後のメリットとしては針が少し小さめなので小型のチヌに対してもフッキングしやすいという点があります。

そもそも虫フックを作っているのは釣り針の代表的メーカー「オーナーばり」さんですので、針先は非常に鋭くチヌの硬い口にもかかりやすくなっています。

wormtinu-3

また、針のゲープ(曲がり)が小さめになっているので、20センチ前後の小型のチヌでも確実に針がかりさせることができます。

チヌは10センチくらいのものから大きいものだと50センチを超えるものもいますが、当然ながら20センチ前後のサイズが総数としては多いです。

また、小型ばかりで針がかりしない時は、上記の画像のようにサンドワームを小さく切って使ってもいけますよ。

「俺は50センチ以上の年無チヌしか釣りたくない!」という猛者はいいでしょうが、小物でもいいから数を釣りたいという方は虫ヘッドかなりおすすめです。

ガルプサンドワームの良いところ

wormtinu-30

続いてはガルプ!サンドワームの良いところです。

ガルプとはいわずとしれた汁系ワームで、魚が好むくっさ〜い液体に使っているワームです。

私のこれまでの経験では、チヌはガルプ!サンドワームでめちゃめちゃ釣れます。

先日、1日で8枚のチヌを釣った日があったのですが、かなりチヌの活性が高くいろいろ試してみようと思い

  • ガルプ!サンドワーム2インチ 各色
  • ガルプ!クリケット 赤
  • その他チヌ用ワーム(クロー系、カニ系など)

を試してみました。

結果は‥

1:サンドワーム投げる→釣れる○

2:クリケット投げる→釣れない×

3:サンドワームに戻す→釣れる○

4:その他ワーム投げる→釣れない×

5:サンドワームに戻す→釣れる○

6:その他ワーム投げる→釣れない×

7:サンドワームに戻す→釣れる○

8:その他ワーム投げる→釣れない×

9:サンドワームに戻す→釣れる○

10:クリケット投げる→釣れない×

となぜか、サンドワームしか釣れませんでした。

もしかすると、ゴカイのような形状がはまっただけかもしれませんが「チニングするのにガルプ以外いらなくね?」と思ったほどです。

ちなみに、ガルプサンドワームでも赤イソメ、青イソメ、イシゴカイカラーと3色投げましたが色で釣果が変わった印象はありませんので正直色はなんでもいいと思います。w

まぁ、ガルプは「反則!」とか「ガルプ使ったらエサ釣りだ!」と言った意見もありますが、私は釣れればなんでもいいので積極的にガルプを使っています。

チヌ釣りたい人は、虫ヘッドとガルプサンドワームで決まりでしょ!

lurematics70ul-1

今回の記事では、チニング大好き管理人てんが見つけた、チヌ釣り最強リグの紹介でした。

冒頭でも紹介しましたが、私の人生初チヌも虫ヘッドとガルプ!サンドワームの組み合わせでした。

チヌ釣りやってるけどなかなか釣れない。

数釣りを楽しみたい!

というそこのあなた!

ぜひ、参考にしていただいてチニングを楽しんでいただければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加