【初心者向け】Macを中古で買う時知っておきたいことまとめ第一回

アイコン

こんにちわ。てん!です!
本日はMacを中古で買う時に注意したいことについての話です。

『Macを使ってみたいけど高いなー』

『もう少し安くMacを買えたら、使ってみたいなー』

と思っている方も多いのではないでしょうか。

私自身、これまで10年近くMacを使っていますが、一番最初に買ったのは中古のMacBookでした。

今回は『Macを中古で買いたいけど、なんだかよくわかりません』という方のためにMacを中古で買う時に注意したい点について解説したいと思います。

Macを中古で買う時にまず知っておきたい機種のこと。

まず最初に、中古でMacを買うためにはどんな選択肢があるのかを知る必要があります。つまり、機種についてですね。

中古で買う時に候補になる機種について簡単におさらいしましょう。
※なるべく基本的な情報を大まかに説明していきたいと思いますのでMac上級者の方にとっては物足りないかもしれませんが悪しからず。m(_ _)m

ノートパソコン型

まずは一台で使える”ノートパソコン型”のMacから紹介していきたいと思います。

ノートパソコンタイプのメリットとしては、

  • ディスプレイやキーボードなどの付属品が必要ない
  • 値段がデスクトップタイプと比較すると安め
  • 持ち運んでどこでも使える

と言った点があります。

ノートパソコン型はディスプレイやキーボード、トラックパッドが一つになっているので、本体だけ買ってしまえばすぐに使うことができます。

また、値段がデスクトップ型に比べると比較的安めという点もメリットでしょう。

反対にデメリットとしては、

  • 性能上できないことがある
  • デスクトップ型と比較すると故障のリスクが高い

などがあります。

ノートパソコン型は、キーボードが打ちづらくても、画面が小さくても後で取り替えることはできません。また、ある程度性能を抑えて、持ち運びができるようにしているという性質がありますので、動画編集や3Dゲームといった高いスペックを必要とする用途には不向きという点があります。

そのほか、持ち運びが容易な反面、落としてしまったり、コーヒーをぶっかけてしまうなど故障してしまうリスクはデスクトップ型と比較するとやや高めと言えます。

では、ノートパソコンタイプのMacにどのようなものがあるのか見ていきましょう。

16インチ MacBook Pro

New Apple MacBook Pro (16インチ,, 16GB RAM, 1TBストレージ, 2.3GHz Intel Core i9プロセッサ) - シルバー

まずは、2019年11月に発売された現在最新の「16インチ MacBook Pro」です。

そもそも、MacBook Proはappleのノート型パソコンのフラッグシップモデル(最上位モデル)で、プロのクリエイターなども愛用する高性能なモデルです。

16インチというサイズは、かなり大きくリュックサックなどでもモノによっては入らない可能性があるくらい大きなサイズです。

その代わり、デスクトップPCと同様の用途でも使いやすく、かなりプロフェッショナルな使い方にも対応します。

ただし、発売から日が浅いことと、30万円をこえる価格ですので、まだまだ中古市場には出回っていないモデルでもあります。

13インチ MacBook Pro

最新モデル Apple MacBook Pro (13インチ, 第8世代の2.4GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ, 512GB) - スペースグレイ

続いては、「13インチ MacBook Pro」です。

もともとMacBook Proは13インチと15インチが長い間ラインナップされており、マイナーチェンジを繰り返して販売されていましたが、こちらのモデルは2018年にモデルチェンジが行われ、様々な最新機能が追加されています。

その中で最も大きな変更点としては、Touch Barと呼ばれるタッチ式の操作パネルです。

キーボードの上部に、タッチで様々な操作ができるスペースが設けられ、iPhoneやiPadのように指先で操作ができるようになっています。

最新の「16インチ MacBook Pro」と同様、最上位モデルだけありかなり価格はお高めです。

13インチ MacBook Pro Retina(廃盤)

APPLE MacBook Pro with Retina Display (2.7GHz Dual Core i5/13.3インチ/8GB/128GB/Iris Graphics) MF839J/A

中古のMacBook Proを調べていると当然、一つ前の世代のMacBook Proも出てきますね。

こちらの13インチ MacBook Proはおそらく多くの方が「Macといえば?」と言われてまず思い浮かべる形シルバーボディのMacBookだと思います。

こちらのMacは今では当たり前となった『Retinaディスプレイ』が初めて搭載されたモデルです。

性能的には、日常的にパソコンを使うシーンは当然のこと、簡単な動画や写真編集なども問題なくこなせるスペックとなっています。

おそらく、中古でMac Bookを購入する場合、こちらのモデルが最有力モデルとなるのではないでしょうか。Amazonなどでも中古が数多く販売されています。

15インチ MacBook Pro Retina(廃盤)

MacBook Pro Retinaディスプレイ 2200/15.4 MJLQ2J/A

続いてこちらは先ほど紹介したすでに廃盤になった13インチ MacBook Pro Retina(廃盤)の15インチモデルです。

一見、サイズアップしただけのようにも見えますが、実はCPUに大きな違いがあります。

この世代のMacBookシリーズはCPUがデュアルコア(2コア)ですが、唯一こちらのモデルのみ『クアッドコア(4コア)』が採用されています。要は性能がいいということですね。

廃盤になったMacbookシリーズの中では、最も性能がよく、使用用途が広いモデルとよいこちらのモデルは動画編集や、画像編集などもバンバンしていきたいと言う方におすすめです。

現行品と比較すると約半額程度の値段で購入することが可能ですので、是非、検討したいモデルといえます。

MacBook Pro 13インチ(廃盤)

macbookpro-13-select-2015

MacBook Proシリーズ最後はこちら。MacBook Pro 13 です。

こちらは、現在手に入る中古のMacBook Proの中でも最も古いモデルです。先ほど紹介したMacBook Proとの違いは、ディスプレイがRetinaディスプレイではないところです。

そして、全体的に厚みもあり、なんと今では珍しいディスクドライブ(CDやDVDを入れるところ)がついています。

こちらのモデルは10年以上前からあったのですが、ほそぼそと販売されており2016年頃までは新品の販売がありました。

そのため、中古でこちらのモデルを購入する際は、古すぎないかをしっかりと確認した上で購入するようにしましょう。

2020年現在、こちらのモデルもほとんど中古市場では見かけなくなってしまったので、購入するならフリマや中古家電ショップなどに行くともしかしたら出会えるかもしれません。

■楽天市場はこちら■→中古MacBook Pro 13インチ一覧

13インチ MacBook Air

最新モデル Apple MacBook Air (13インチPro, 1.6GHzデュアルコアIntel Core i5, 8GB RAM, 128GB) - ゴールド

続いては、MacBook Airです。

MacBook Airといえば、持ち運びに便利な軽量なボディに、MacBook Proにこそ劣りますが、オフィスソフトなどはもちろん、簡単な動画編集や画像編集などマルチにこなすMacノートパソコン型を代表するモデルです。

MacBook Air自体は10数年前からありますが、こちらのモデルは2019年に発売した最新モデル。

これまで搭載されていなかったRetinaディスプレイになり、シルバーしかなかったボディもゴールドとスペースゴールドが追加されています。

こちらのモデルも、発売から間もないのでまだまだ中古でも高額で取引されています。

もし余裕があるなら新品で買う法がいいかもしれないですね。

MacBook Air 13インチ(廃盤)

macbook-air-13-select-hero-201505

続いては,MacBook Airの13inchモデル(の廃盤モデル)。

個人的には、中古で買うには一番バランスのとれたマシンではないかと思っています。

見かけのスペックはMacBook Proと比較するとやはり劣りますが、通常のパソコン使用(ブラウジング、メール、簡単な動画編集、画像編集)などでは全く問題なく使用できる程度のスペック。こちらをメインマシンにしている方も少なくないと思います。※私の知り合いのwebデザイナーはこれをメインマシンで何年もやっています。

バッテリーの持ちも13時間と長く、重さも1.35kgと軽いですので外出先での使用も便利、そして安全なモデルとなっています。

ただこちらのモデルはMacBook Pro13インチと少しかぶってしまいますが、やはり一番の違いはRetinaディスプレイかどうかという点。持ち運びのしやすさを優先し、画面の綺麗さにそこまでこだわりがないという方にピッタリのモデルです。

Apple(アップル) (2013-06-11)
売り上げランキング: 125,694

■楽天市場はこちら■→中古MacBook Air 13インチ一覧

MacBook Air 11インチ

macbook-air-11-select-hero-201505

こちらはMacBook Air 11inchモデル。なんといっても、薄いボディと1.08kgしかない超軽量コンパクトボディで9時間稼働のバッテリーを搭載した、最強モバイルPCです。

ただ軽くてバッテリーが持つというわけではなく、フラッシュストレージのおかげで起動や動作も速い速い。

外出先で仕様するために必要な機能はすべて詰め込んでいるといっても過言ではありません。

しかし、軽量コンパクトのボディ(11inch)が時には武器になりますが、画面が小さいことで動画の編集や細かい画像の処理なんかは少しやりづらいかもしれません。

自宅や職場にデスクトップモデルがあり、外出用に仕様するといった方や、、とりあえず自宅でサクッと使えるノートPCが欲しいという方にオススメのモデル。

11inchというサイズに問題がないという方にはかなりオススメですね。

Apple(アップル) (2013-06-11)
売り上げランキング: 55,272

■楽天市場はこちら■→中古MacBook Air 11インチ一覧

Macbook(廃盤)

スクリーンショット 2016-01-13 午後1.56.21

Macbookシリーズ最後はこちら2015年3月に発売された『新型Macbook』、話題になったので知っている方の方が多いと思いますが、なんとも潔すぎる超ミニマルマシンです。

実は、すでに廃盤になってしまいました。

やはり、ミニマルすぎたのか。。

現状Mac、パソコンの周辺機器としては『USB』を使用する機器が多いです。Bluetoothなどの無線対応機器も多くはなってきていますが、まだまだ無線だけでまかなえるほどではありませんね。

こちらのモデル、本体には一個だけしか端子(差し込み)がありません。

しかも規格が『USB-C』と呼ばれるもので通常のUSBがさせるところがありません。

この辺りは未来を先取りした感はすごくしますね。

スペックは正直ネットでは色々言われていますが、文字の入力がメインという方や、簡単にパソコンを使いたいという程度のことしか出来ないようです。

こちらのモデルは中古でもまだまだ価格が高いモデルですので、Mac上級者の方にはオススメできますが、初心者という方はやめといた方が無難かもしれませんね。

■楽天市場はこちら■→中古MacBook 12インチ一覧

デスクトップタイプ

ここまでで、ノートパソコンタイプのMacについて紹介してきました。

ここからは、デスクトップタイプのMacについて紹介していきたいと思います。

デスクトップタイプのMacのメリットとしては

  • 基本的にはノートよりも性能が良い
  • 自分でカスタマイズできる

と言うメリットがあります。

そもそも、ノート型のPCはバッテリーの容量やスペースといった制約がありますので、デスクトトップPCと比較すると性能は抑え目です。

つまり、デスクトップ型のPCはノート型よりも基本的には性能が良いです。

また、ディスプレイやキーボード、マウスなどを自分の好きなものに使えたり、パソコン自体のカスタマイズもできるようになっている点もデスクトップ型PCのメリットです。

反対にデメリットは

  • ディスプレイやキーボード、マウス、その他ケーブルなどが必要
  • 固定の設置場所が必要

メリットの裏返しですが、デスクトップPCは本体だけあっても使用することができません。

そのため、本体だけを中古で購入する場合は、ディスプレイやキーボードといった周辺機器も購入する必要がありますので、少し手間ですね。

あとは、ノートPCとは違い基本的には固定の設置場所が必要です。

一人暮らしなどで、こたつ兼食卓兼、勉強テーブルといった生活スタイルの方だと導入するのはややハードルが高いかもしれません。

つまり、設置する場所があり、外に持ち出せなくても問題ないという方はデスクトップを検討するのも”あり”ですね。

Mac mini

スクリーンショット 2016-01-13 午後2.09.21

それではデスクトップタイプも見ていきましょう。

Macの中で最も手軽に買えるモデルとして有名な『Mac mini』。なかなかMacの中でも知名度の低いモデルとなっています。

こちらのモデルはモニターがついていませんので、お手持ちのモニターを使うか新しいモニターを購入する必要があります。

そしてモニターと接続し、キーボード、マウスと接続するとMacが使えるようになります。

Mac miniの一番の特徴は『安い』ということでございます。

ウィンドウズのデスクトップを使っている方であれば、Mac miniを購入すると本体の接続をWindowsからMacに変更するだけでMacが使えるということです。

販売価格も6万円程度で購入でき、カスタマイズに幅もかなり広く、デスクトップでMac環境をお考えの方にオススメのモデルとなっています。

Apple Mac mini (3.0GHz 6コアIntel Core i5プロセッサ, 256GB)
Apple(アップル) (2018-11-07)
売り上げランキング: 11,136

■楽天市場はこちら■→中古MacBook mini 一覧

iMac

スクリーンショット 2016-01-13 午後2.22.27

続いてはこちら、iMacです。MacのディスプレイにMacOSを搭載したMacの代表的なモデル。

MacOSの力を最大限発揮できるMacモニターそしてアルミ筐体で私はこのモデルがMacの中で最も美しいモデルだと思っています。

スペックを見ると、価格帯に合わせて豊富に選べるラインナップとカスタム次第ではかなり高いスペックにできるという点も魅力の一つです。

こちらの21inchは通常使用にとても良いサイズで、21inchモデルと27inchモデルがラインナップされていますが27inchはかなり大きいです。通常のデスクのサイズですと21 inch程度がちょうど良いサイズと言えるでしょう。

また、精細な作業などが必要な場合は27inchでを選ぶとよいでしょう。

またiMacは今話題の4K、5Kの規格にも対応しており、とても美しい映像で作業することが可能です。

■楽天市場はこちら■→中古iMac 一覧

Mac Pro(廃盤)

スクリーンショット 2016-01-13 午後2.47.40

そして最後はこちら『Mac Pro』です。

Macシリーズの中で至高のモデルと言えるMac Proはスペック、価格共にMacの中で最も高くなっています。

一番スペックの低いモデルでも約35万円、マックススペックで110万円を超えるハイスペックMacとなっており、MacBook Proなどはクアッドコア(4コア)モデルが最上位カスタムですが、なんとMac Proは驚きの『12コア』まで搭載することができるのです。

またメモリも、他のモデルが16GBが最上位カスタムの中、64GBまで搭載することが可能です。

桁違いのスペックを持ったMacの最上位機種にふさわしいモデルとなっています。

おそらくこちらの記事を読んでいる方(私も含め)の中でこのスペックを使いこなせる方は多くないと思います。

また、ここまでのスペックを必要とする方は中古で探さないと思います。w

アップル Mac Pro (3.7GHz Quad Core Xeon E5/12G/256G/Dual AMD FirePro D300) ME253J/A
Apple(アップル) (2013-12-25)
売り上げランキング: 262,513

■楽天市場はこちら■→中古Mac Pro 一覧

一旦現状販売されている機種を中心に解説をしてみました。

中古での購入となるとMacbook、Mac Proを除くMacBook Pro、MacBook Air、Mac mini、iMacとなってきます。

後は用途と、好みで決めていくことになると思います。次回の記事では機種の選び方についてまとめていきたいと思います。

中古Mac選びのポイント!スペックってどうやって選べばいいの?

Macは同じモデルでもスペックが違います。

つまり、見た目は同じでも中身のグレードが違うと言うことです。

例えば、人気の機種であるMacBook Airの13インチを例に紹介すると

MacBookair13

このような見た目で外側は全く同じですが、

  1. CPU:core i5 1.8GHz、メモリ8GB、ストレージSSD 128GB
  2. CPU:core i5 1.8GHz、メモリ8GB、ストレージSSD 256GB

と言うように、中身が違うものがいくつかあります。

また、Macは購入時にいろいろとカスタムができますので同じ、MacBook Air13インチでも

  • CPU:core i7 2.2GHz、メモリ8GB、ストレージSSD 512GB

と言うようなモデルも中古で売られている可能性もあります。

本体だけでもどれがいいのかわからないのに、中身の話なんてもっとわからない!と言う方もいるのではないでしょうか。

その答えは「値段と見た目で選べば問題ない!」と私は考えています。

一見投げやりのようにも見えますが、私がこれまで5台以上のMacを買ってきた経験値に基づく根拠があります。

そもそも、2、3万円でもパソコンが買える時代に、Appleが製造し販売しているMacは安いものでも10万円前後と値段が高いですよね。

ウィンドウズのパソコンで10万円のパソコンってそこそこ良いパソコンじゃないですか?

と言うことで、そもそもMacは基本的なスペックが高くなっています。

つまり、文章を作成したり、インターネットを閲覧する、時々仕事でも使うと言う方は一番低いスペックでも十分だと言うわけです。

実際に現在使っているiMacとMacBook Airは多少カスタマイズしいますが、Macの中ではスペックはかなり低い方です。

それでも、バリバリ仕事でも使えますし、特段問題はありません。

とはいえ、動画編集用にMacを検討していると言う方はメモリが最低でも8GB以上、ストレージも128GBじゃ不安と言った用途が明確である場合は話は別ですが、、、

Macを中古で買う時知っておきたいことまとめ

今回は初めてMacを中古で買いたい!と思っている方に向けて、選択肢となる機種の話と、スペックの選び方について紹介しました。

高い買い物ですので情報を正しく収集して購入していただけると満足のいくMacライフが送れると思います。

また、後編ではより詳しく解説いたしますので→「【初心者向け】Macを中古で買う時知っておきたいことまとめ第二回」こちらの記事も参考にしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする